ナチュラルドッグスタイルのサイトは2017年5月にリニューアルいたしました。
ご覧のページは旧サイトのもので、現状とは異なる古い情報の可能性があります。
最新の正確な情報はこちらの新サイトにてご確認ください。

Natural Dog Style とは

基本理念

一般社団法人化後の活動使命

人と犬が調和した快適な居住環境の維持向上、人と犬が共生できる街づくり、飼い主の飼養知識とマナー向上 

犬の飼育頭数が蓄犬登録数だけでも1,250万頭 。日本の小学生の人数より多く、非登録数はその数倍とも言われている。 いわゆる「ペットブーム」と言われる中で、適正な飼養と、犬と人とのより良い共生が必要となっている。 NDSでは、『環境省・住宅密集地における犬猫の適正飼養ガイドライン』(平成22年2月)を周知徹底することを目的とする。

愛玩動物の命の安全確保と愛護精神啓蒙活動 

ペットブームの一方で、適正飼養をされずに様々な理由により殺処分される犬の頭数は、年間約3万頭(平成25年度)。保健所には、犬や猫を持ち込まれた場合、断ることが出来ないという法律(動愛法)があり、保健所持込から殺処分までの日数は、わずか3日(「狂犬病予防法」による) となっている(自治体によって期間は様々であり、現実には持ち込み当日に殺処分という場合もある)。 NDSでは適正飼育や生涯飼育の徹底について呼びかけを行っていく。

ペットビジネスにおけるビジネスモデル開発や人材育成への貢献

そのペットブームにより、現在ペット市場は成長の一途を遂げており、ペット業界においてもその“質”が問われている。 NDSでは、愛護精神に根ざしたビジネスリーダーの育成と向上に貢献する。