松本秀樹の Good Life = Dog Life

食island

難しくないよ 食べ物のこと

わんちゃんと飼い主さんにとって“より良い情報、有益な情報”を松本くんがナビゲート。今回から3回にわたり「愛情を品質に」でお馴染みのペットライン株式会社でドッグフードの研究開発に携わる、獣医師の石井珠理先生をゲストにお迎えします。第一回目は『人と犬の食べ物の違い』について。たっぷりとお話を伺いしました。

わんちゃんの栄養バランスを考えよう

資料 食事の時、わんちゃんに潤んだ瞳で見つめられたら、ついつい食べ物を与えてしまうもの。でも、それって良いのでしょうか…?
人と犬の“栄養素”は基本的に同じですが、人と同じものを食べさせていると、実はバランスを大きく崩してしまいます。例え人間にとって良い食事でも、犬には負担が大きいのです。
「人と同じものを与えていると、まず脂質が増えて太りやすくなります。また食塩が多いので、人間でも心配される高血圧や心臓病のリスクが高まります。脂質の影響は目に見えて“太る”ことで分かりますが、食塩はなかなか目に見えません。その点を飼い主さんが気をつけてあげて下さいね」と石井先生。
資料 「その時は元気でも、年齢を重ねると悪い影響が出てしまう…。人間とまったく同じ病気になってしまうんですね」と松本くんも納得。
一方、脂肪や塩分とは逆に、たんぱく質やカルシウム等はまったく足りない状態に。もともと犬は“肉食動物”なので、人と同じ食事では足りない栄養素も出てきてしまうのです。
犬に合った食べ物を適量与える。これが健康を守るための第一歩なのです。

犬にとっての美味しい味とは?

資料 「なるほど、脂質や食塩を少なくすることは大切なんですね。でも、それでは味がなくて美味しくなさそう…」と心配そうな松本くん。
人の味覚で比べると、かなり食べる楽しみが失われてしまいそうです。
資料 「いえ、その心配はありませんよ。人は刺激物を好む傾向にありますが、わんちゃんは自然の素材そのもの、火を通しただけの卵や肉、魚などで、十分に美味しく味わうことができるのです。例えば、私たちがドックフードを食べるとまったく味がしませんが、犬にとっては十分に味付けがあると考えてよいでしょう」
私たちが大好きな塩、コショウ、角砂糖などは、犬にとってはかなり濃いもので、数々の病気の要因となってしまうのです。
「僕たちの料理では、まず下味を付けよう!なんて言いますが、これもまったく必要ないということですね」と松本くん。
わんちゃんが“調味料の味”を覚えてしまう前に、私たちが責任を持ってストップをかけてあげることが大切なのです。

与えてはいけないものを知ろう

資料 味付けは薄味でOK!でも、実は他にも注意すべきことがあります。それは、犬に食べさせると危険なもの。いったいどんなものがあるのでしょうか?
「ネギや玉ネギは有名ですね。なかにはネギの煮汁やスープだけなら…と思う方もいらっしゃいますが、成分が溶け出しているので、決して与えないで下さい。あとはブドウ。特に干しブドウは避けてくださいね」と石井先生。また、私たちが大好きなチョコレートも犬にとっては刺激が強すぎるとか。
そして今回意外だったのは、天然の甘味料“キシリトール”の入っているもの。これには松本くんもビックリ。
「すごく爽やかなイメージがありますが、わんちゃんが食べると急激な低血糖を起こすことがあります。食べさせてはいけないものとしてメジャーではありませんが、最も避けて欲しいものの一つです」
資料 私たちの世界では虫歯を防ぐ素晴らしい存在。でも犬にとってはとても危険な食べ物なのです。他にも、牛乳は乳糖を分解しきれず下痢を起こすことがあるので注意が必要。また、噛みにくいグミなども控えたほうが良さそうです。
“人間が食べられるもの=犬も食べられる”と考えるのは大きな間違い。家族の一員であるわんちゃんに危険を与える前に、しっかりと知識を持つことが必要ですね。

愛するわんちゃんと幸せに暮らすために

人と犬は、その性質の違いから、それぞれ必要とする栄養素がまったく違います。だからこそ、毎日の食事はきちんと考えてあげましょう。最近では、こうした栄養素をバランス良く含んだ「総合栄養食」と呼ばれるものも増えており、飼い主さんの意識も少しずつ高まってきました。
「人とわんちゃんは同じ家に暮らし、お子さんやお孫さんと同様、愛情をたっぷりとかけられて暮らしています。でも、やっぱり人間とは違う動物として理解し、きちんと愛してあげることが大切なんですね」と松本くん。
自分で食事を選べないからこそ、私たちが体に良いものを与えてあげたい。きっとその先には、大切なわんちゃんとの健康で幸せな生活が続いているのです。

ペットライン商品
このページの取材の様子を
USTREAMでもご覧いただけます!

バックナンバー

第1回人と犬の食べ物の違い
第2回ドッグフードの“ステージ別”ってなぁに?
第3回わんちゃんのアレルギーについて

このページは下記アドバイザーのご協力でお届けしています