救済署名活動

2012年9月に改正された動物の愛護及び管理に関する法律(以下、動愛法)において、各自治体の防災計画に、動物に関する取り扱いを定めることが明記されました。

しかし、安易に「ペット可」と謳う事が問題を解決するどころか、新たなトラブルや問題を生み出す結果となる可能性を持っています。

NDSでは、ペットが苦手な方や地域住民の方の理解を得るための工夫やシステムを自治体に提案し、同時に、畜犬登録や予防接種などの徹底を働きかけながら、より安心で安全な避難が出来るよう、活動を行ってまいります。

そこで2013年より、ナチュラルドッグスタイルは、自治体や地域と組んで「モデル地区づくり」を進めて参ります。

目標を達成するためには、全国の皆様のご協力が必要です。どうか、1人でも多くの方のお力添えを、心よりお願い致します。


過去の活動と今後の予定


  • 2011年~2012年:環境省に対して動愛法改正の際のペット同伴避難の文言盛り込みに関する働きかけ
  • 2013年~2014年:自治体と共同したモデル地区づくり、及びガイドラインの作成
  • 2015年~:各自治体でのスムーズな実施の為のサポート

活動の目的

海外や国内での「ペット同伴避難」の成功例を参考にしながら、よりトラブルの少ないペット同伴避難のモデルケースをご提案し、日本中のペットと飼い主さん、そしてペット非飼育者が安心できる“ペット同伴避難”を考えて参ります。


活動の内容

自治体や地域と連携をしながら

  • ①避難所におけるペット可の状況や頭数の把握
  • ②災害時における行政と民間(獣医やペットホテルなど)の連携システム
  • ③地域におけるペッと避難訓練のご提案
  • ④地域における畜犬登録率や予防注射接種率のアップのための啓蒙
  • ⑤ペット飼育者の、マナー意識やしつけ意識の向上

などを予定